医療法人尽誠会 山近記念総合病院・山近記念クリニック

お問い合わせはこちら

〒256-0815
神奈川県小田原市小八幡3-19-14

Home » 診療科 » 皮膚科

皮膚科

診療内容・特色

皮膚は、外界からの刺激に対して体の表面を覆って物理的に、さらに免疫反応により体の内部を守り、また、その人その人の外観を形作るという働きをしています。皮膚だけに症状が現れる疾患もあれば、全身に症状の引き起こす疾患の一症状として皮膚症状が現れることもあります。皮膚の疾患は、症状が良くなったり悪くなったりを繰り返すような経過の長い疾患も多く、また、外からの症状が見えることで辛い思いをされている患者さんも多くいられます。皮膚科での治療の一番の基本は継続した外用療法であり、健やかな皮膚を保つために、①優しく洗う(決して洗いすぎないこと!)、②保湿をすること、③過度な紫外線を避けること、を提案します。地域の医療機関・開業の先生方と連携し、当院で対応が困難なものについては高次医療機関をご紹介し、当院で対応が可能なものについては丁寧にご説明し、診療を行っていきます。

対象となる疾患

皮膚科では、接触皮膚炎(かぶれ)・アトピー性皮膚炎・尋常性ざ瘡(にきび)などの湿疹・皮膚炎・白癬(みずむし)・尋常性いぼ・蜂窩織炎や帯状疱疹といった皮膚の感染症、胼胝(たこ)・鶏眼(うおのめ)・巻き爪・陥入爪などの診療を主に行っております。診断に役立てるために皮膚病理組織学的検査、アレルギーの検査としてパッチテスト(夏季を除く)を行っています。手術については小さな皮膚良性腫瘍について局所麻酔での手術を行っています。診断・治療の難しい疾患、膠原病や水疱症などの自己免疫性疾患、皮膚悪性腫瘍などは高次医療機関をご紹介させていただいております。

スタッフ紹介

塩味 達也
名前
塩味 達也(しおみ たつや)
専門分野
一般皮膚科
ひとこと
分かりやすい説明を心がけ、安心して治療を受けていただけるよう努力して参ります。