医療法人尽誠会 山近記念総合病院・山近記念クリニック

〒256-0815
神奈川県小田原市小八幡3-19-14

Home » 当院について » ごあいさつ

ごあいさつ

医療法人尽誠会理事長ごあいさつ

杉田輝地
医療法人尽誠会理事長
杉田 輝地

当法人は、初代理事長の(故)山近勝美が昭和31年有床診療所として開設し、一歩一歩の足跡を経て平成8年に152床の山近記念総合病院として許可されました。
当院は、開設当初より地域に根ざした質の高い医療の実践を目指し努力して参りました。それを実現するために「親切」・「笑顔」・「挨拶」のもとに気配りの行き届いた病院作りを行っております。
我々は、山近記念総合病院・山近記念クリニック・老人保健施設わかば・訪問看護ステーション・居宅介護支援事業所・第4地域包括支援センターを運営し、急性期医療から老人介護医療までの包括医療を展開しております。大きな医療の分野では、限られた領域でしかお役に立てないかも知れませんが、多くの職員が日々献身的に努力してくれていることが大きな財産であり、それが山近スピリッツとして皆様のお役に立てれば幸いです。

山近記念総合病院院長ごあいさつ

久保田光博
総合病院院長
久保田 光博

小田原市は遠く富士山を背に、相模湾を臨む人口20万人の中堅の地方都市です。市は中央を流れる酒匂川(さかわがわ)によって川西(せんせい)地区と川東(せんとう)地区に二分されますが、当山近記念総合病院はその川東地区に位置する急性期医療を担う基幹病院です。
「広く市民に対して科学的、かつ適正な医療を行うこと」を基本理念として、152床の小規模病院ながら、検査件数・手術件数は極めて多く県下有数で、病床稼働率も常に90%近く、在院日数も15日以下と短く、そのアクティビテイーは極めて高いと言えます。外傷、出血、梗塞、急性腹症などの救急疾患に対して、救急処置、カテーテル治療、緊急手術などを積極的に行っており、また日常診療についてもエビデンス(医学的根拠)に基づく最新の設備と技術で対応しつつ、内視鏡手術やIVR(Interventional Radiology 血管内治療)に早くから取り組み、地域に還元できるより負担の少ない治療手段を積極的に導入してきました。
こうした当院の方針と職員の熱意は地域住民のみなさまや診療所の先生方の厚い信頼を得て、現在までの当院の発展につながってきました。
医療を取り巻く状況は大きく変わろうとしており困難もありますが、これからも当院に課せられた地域医療を担う役割を意識しつつ、地域住民・市民のみなさまの健康増進と福祉に貢献していきたいと考えています。

山近記クリニック院長ごあいさつ

林芳弘
クリニック院長
林 芳弘

山近記念クリニックは、H.16年6月に山近記念総合病院から分離・独立する形でオープンいたしました。それまでの病院の外来スペースは極めて手狭な状態でしたが、クリニックを新設したことで、外来スペースを大きく広げることができました。クリニック院長は、初代・遠藤茂通、2代目・武尾宏を経て小生で3代目となりました。開設当初から日々、多くの患者様が当クリニックをご利用いただき、また、地元医師会の多くの先生方から患者様のご紹介をいただき、皆様方に心より感謝申し上げます。これからも、全職員が一丸となって地域医療に貢献できるように努力を続ける所存です。